fc2ブログ

包丁の卓上記録

福島市で行われている、TRPGのセッション記録です。

-砂城の街-

プレイ日:2024.4.14
システム:DX3rd
シナリオタイトル:-砂城の街-

GM  総帥 経験点39
PC1 ソフィア(ちょり)経験点31
PC2 エコー(てぃあ)経験点30
PC3 如月マリー(マイア)経験点26
PC4 マフティ(えあろ)経験点31

----------------------
戦争である以上、戦を避けることはできない。
どのような脅威が訪れようとも、抗うしかない。
たとえそれが『圧倒的脅威』であったとしても―――。

自分のため、家族のため、大切な何かのため……。
止めなければ全てを失うだけ。
今日も自らの命と共に戦場へ降り立つ。

ダブルクロス3rd「-砂城の街-」

ダブルクロス。それは"侵略者"を意味する言葉。
----------------------


■PC・参加者紹介===============

PC1 ソフィア(ちょり)
「ジルカは施設に囚われていて動けていないからきっと施設ごと動いているはずで…あれ?」
出会いを大切にするレネゲイドビーイング。
大切な友人と共に、最もやるべきこと――生きて帰る――をするために真っすぐ尽力し、救出までたどり着いた。
真っすぐ過ぎて司令に眉をひそめられても諦めない姿勢こそが、ジルカを救うきっかけとなったのでしょう。
電磁反応装甲…あっ、使っても死ぬんで使いません。(186ダメージ)

PC2 エコー(てぃあ)
「えっと…あり、がとう――――」
ぶっきら少年兵。イプシロンな、GM覚えた。(忘れた)
見慣れないメンバーにまごまごして、マフティへひな鳥のように着いていったり、お姉ちゃん(同年代)には微笑ましく構われたり。
立派なイケメンに育ってくれるまではもう少しかかりそうだ。オネショタはGM範囲外でスミマセン(百合専)
ちゃんとお礼を言える子はいいぞ!

PC3 如月マリー(マイア)
「それでしたら、こちらからはご依頼するわけにはいきませんね」
ようやく本当に従軍聖職者(本職)になれた超人兵士。
迷える子羊を導き、巨大戦車までの導き手との縁を繋ぎ、そして判定が頼りないマフティパパにひっそり(妖精の)手を差し伸べる皆のママ。
誰かを助けることが、自分を、皆を助けることに繋がるのだということを見せてくれました。
私はマリ虐しないから(真顔)

PC4 マフティ(えあろ)
「9時には帰ってくるんだぞ」
皆の門限を守る傭兵パパ。若い娘が夜遅くまで遊び歩くんじゃない!(なおお仕事)
1ダイスでも強気で判定を振りファンブルを出し、信用を見るために判定してはお金を払い、気が付かぬ間にママに手を差し伸べられる頼れるパパ。
司令にまとめ役を振られて楽しそうに皆を引率する姿がどことなく微笑ましかったです。
ミドル判定は、大事だぞ。


■NPC紹介===============
・《覇者-ビクター-》ジルカ・ノイラート
「大事なのは、この拠点を手に入れることでも、多くの敵を倒すことでもない。生きて帰ることだ」
「必ず来てくれると信じていた…ソフィア、ありがとう」
先陣を切る突撃兵。普段心配されることがないので、ソフィアの第一印象は不思議で可愛いやつだと微笑ましく見る目線だったり。
暗闇の中、たった一つの繋がりを切らさないように、冷静を装いながら助けを待ち続けていた。
お互いの数少ない友人として今後も絆を紡いで…くれるよね?

・超巨大戦車【インベーダー】
「(キュラキュラキュラキュラ…)」
全長630m、全高180m、デカあああああい!説明不要!
ぼくのかんがえたさいきょうのせんしゃ。
ガルパンに出たカール自走砲ですら600mm砲なので1800mm砲はわけわからん。
外からダメなら中からは基本だよね。

・《小宇宙-サイバーノヴァ-》ヨーゼフ・ワイズ
「彼らを祖国へ還してやらなければならないんです」
「私とあの機体の命に代えてでも、皆様をあの戦車まで送り届けてみせましょう」
優秀な戦車乗りのスペリオル。彼がいつも生き残ってしまうのは、彼が「撃墜王《エースアタッカー》」だからではなく「生還者《リターナー》」だから。
自分より年下の少女であっても丁寧で柔らかい物腰でマリーちゃとは相性がよかったかも。
しばらくはお菓子作りを趣味として余生を過ごすようです。

・アンジュ(アンズ・ヒメカワ)
「いーから死ぬ気で増えるんですよ増えないと死にますよ!!!」
「まずはちゃんといい恰好にならないと。ほら、行きますよ」
現在は第一部隊兼整備士。年齢は同年代なのにちょっとお姉ちゃんぶってみたりするのは末っ子育ちで憧れてるから。
マリーちゃの元気そうな姿やマフティがハツラツと活躍する様子を微笑ましく眺めたり。
この子がメインに絡むシナリオは…まぁまたそのうちにでも。

・ヴェルデ(緑間 蓮)
「僕のことはいつ信用してくれるのかな?(ファンブルを見ながら)」
「我々UGNとして、奴を野放しにするわけにはいかないのだよ」
い つ も の 子。日本UGN、F市第七支部の資料室室長。
GM的にはロール楽しかったです(自己満足)。一人称が僕なのをGMが忘れがち。
めんどくさい仕事を押し付けられて嫌だなぁと思ってたら、微笑ましい一家の様相を見せつけられて思わずにっこり。
当然今後の私のシナリオにも出てくるのでコンゴトモヨロシク…。

・《炉心融解-メルトダウン-》九頭竜
「おいおいおいおい、人ん家に入ってきたらお邪魔します、ダロォ?」
「がっ…!こい、つ…俺をっ…喰っ――――」
日本からやってきたFHエージェントのジャーム。人を痛めつけるためなら人を箱詰めする手間もを惜しまない。
最後は自らが育てた兵器によって命を失う形に。ヴェルデはメルトダウンの死亡を報告し、この一件は終了としている。
…ん?何かを忘れているような…。

・ダニエラ
「この報酬は、誰が書いたかが大事なんだよ!嬢ちゃんが、書いたんだな?」
「やばいやばいやばいやばいめっちゃ主砲向いてるうおおおお怖い怖い怖い!!」
ギルド所属の実質一般人。アンジュの『奥の手』として引っ張り出されたが、アンジュとしても巻き込むのは本当の本当に奥の手だった。
物を複製する方――ではなく、今回必要だったのは見た目を増やす方。見せかけだけならピカイチ。戦車複製も確かに面白そうではあるけど国が滅ぶわ。あとレネビだしアレ。
え、ほうしゅう?もちろん当ててるよ。

・酒場のおっちゃん
「あぁ⁉ 舐めてんのか嬢ちゃん!」
『ミルクでも貰おうか』に対してはこの返しだね。上手く返せなくてゴメンネ。

――――――――――――――――――――
GM後書き
繋げる必要はなかったのですがネタが少し似たので二部編成になりました。参加してくださったPCの皆様ありがとうございました。
今回は九頭竜はメインではないものの今回の味方NPC達はどのメンバーもやってて楽しかったですね。ヨーゼフとかは私の中ではかなり珍しいタイプ。
シナリオ構成としては細部に課題はあるものの大まかな流れはスムーズに進み、タイムキープも問題はなかったかなと。とはいえ想定からするとちょっと短かったかな…?
一応やりたいことは一通りできたので一旦満足――いいや今回のシナリオ作った自分への褒美に「黒井蓮シナリオ」を作るんだぁぁぁ(死亡確定

また次がありましたら何卒。セッションお疲れさまでした。
――――――――――――――――――――



・アギト
「………………」
ウロボロス・バロール。
九頭竜が従えていた謎の獣。実は世界を超えられるのは九頭竜ではなくコイツ。
レネゲイドウォーのキャラである「黒井蓮」のシナリオをやるためには――――


スポンサーサイト



コメント

お疲れさまでした!
キャンペーンっぽいシナリオに参加できて嬉しい限りです(º∀º)

人にあんまり絡まないキャラで申し訳なかったですが、私としては内面のロールをNPCたちと出来たので満足なのです(º∀º)
また出す機会があれば、少しずつ成長する彼を演出できたらいいなぁと思ったり。
ダニエラさん登場&クライマックス大慌てロールは正直笑いました(笑)

次もぜひ参加したい気持ち(´º∀º`)
ありがとうございました!!!

  • 2024/04/15(月) 00:24:52 |
  • URL |
  • てぃあ #zwtYedys
  • [ 編集 ]

セッションお疲れ様でした。

ち、違うんだ。いつも本業(ワークス)はセッション裏でひっそりとやってるから…(言い訳)

それにしてもやっぱり巨大建造物は浪漫!
それが動けば更に浪漫!
浪漫+浪漫はワクワクだ!
いいもの見せてもらいました。

人を助ける方針でマリーはロールしてたので、今回本懐を果たせて満足です。
いやぁ、人を助けるっていいもんですね。

マリ虐はしろ(豹変)

  • 2024/04/15(月) 08:15:09 |
  • URL |
  • マイア #SFo5/nok
  • [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://houtyoushi.blog.fc2.com/tb.php/154-4987e790
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)