fc2ブログ

包丁の卓上記録

福島市で行われている、TRPGのセッション記録です。

神が忘れたプログラム:Re

プレイ日 2021.3.21
システム:GURPSドラゴンマーク
シナリオタイトル:『神が忘れたプログラム:Re』

GM マイア 獲得経験点6.5/獲得CG3
PC1 岡崎 みく/マリートゥス・A・N・プリエール(ちょび) 獲得経験点7/獲得CG3
PC2 生方 現月/暁 育隆(包丁) 獲得経験点7/獲得CG3
PC3 森宮 玲音/ライガ(てぃあ) 獲得経験点6/獲得CG3


――――とある航海日誌

地球換算西暦○○○○年○○月○○日 地球出発から○○○○年

永い星々を巡る旅を経て、降臨者との邂逅も間近となった。
これからどうなるかは予想もつかない。
我々は創造主と謁見が叶うのか、それとも問答無用で攻撃をされるのか…。

だがきっと単に従わせられるだけの一方的なことにはならないだろう。
我々には、彼らが使用法をもたらしてくれた"これ"があるのだから。

彼らのおかげで我々は神のステージに立った。
後は我々の行動次第だ。
我々はこの歴史的対話を経て、神の良き隣人となろう。
続きを読む
スポンサーサイト



逆さ時計と生贄の塔


プレイ日 2019.11.23
システム:GURPSドラゴンマーク
シナリオタイトル:『逆さ時計と生贄の塔』

GMてぃあ 7+1CP 4CG
PC1 エミリア・フロー/オロルド・バイス(マイア)8CP 4CG
PC2 岡崎みく/マリートゥス・A・N・プリエール(ちょび)6CP 4CG
PC3 金持珠理/アンジェリーナ・ジョリー(えあろどらいぶ)7CP 4CG
PC4 才気満智瑠/チルル(包丁)7CP 4CG
PC5 海野サチコ(狡猾)7CP 4CG

経過期間:1週間(累計:10週間)


「あ~ 楽しかった♪」

銀の鍵を手でもてあそびながら少年が言う。

「ゲームの主催者が負けたんだから、今回はここまでだねぇ」

月に背を向け、ゆっくりと歩き出す。

「また来てくれるのを楽しみに待ってるよ」
「ね?……ドラゴンマークさん♪」

少年の影がグニャリと歪み、異形の姿を映したと思ったその瞬間、その姿がかき消えた。
残ったのは、静寂のみ。

続きを読む

砂の上の君

プレイ日 2019.11.17
システム:GURPSドラゴンマーク
シナリオタイトル:『砂の上の君』

GMてぃあ 7+1CP 3CG
PC1 生方現月/暁育隆(包丁)8CP 3CG
PC2 古河栞/マシュ=キリエライト(ちょび)7CP 3CG
PC3 ティム/ピカチュウ(えあろどらいぶ)7CP 3CG
PC4 工口夕二/ウベア・グレイ(マイア)6CP 3CG

経過期間:1週間(累計:9週間)



門の底を手をつないだ少年と少女が歩く。

「大丈夫?」
「うん。平気」

ひたひたと二人の足音だけが響く。

「……お礼、言えなかったなぁ」
「大丈夫。ちゃんと伝わってるよ」

少年が握っていてくれた手を、今度は少女が握り返す。

「…そうだよな」

笑顔を見せた少年の姿に少女からも笑みがこぼれる。

この先のことなんて何もわからない。
それでも、精一杯生きていこう。

「ありがとう、ドラゴンマークさん」

続きを読む

思い出の棲む町

プレイ日 2019.9.23
システム:GURPSドラゴンマーク
シナリオタイトル:『思い出の棲む町』

GMてぃあ 7+1CP 3CG
PC1 竹内仁/分倍河原裂⇔バイス(包丁)7CP 3CG
PC2 岡崎みく/マリートゥス・A・N・プリエール(ちょび)7CP 3CG

経過期間:1週間(累計:8週間)


噂話が風に消えて数週間が経過し、町は段々と元の形へと返っていく。
笑顔があり、悲しみがあり、悪があり、正義がある。そんな在り来たりな世界。
あの時逃がした化け物が、この世界にこれからどんな影響を及ぼすのかは分からないが、

「おじさまーーー!!」

遠くから手を振りながら走ってくる少女。
ベンチに腰かけていた男は、軽く手を挙げて応える。

今は、この笑顔を大切にしたい。

そうして彼はこの世界で生きていく。
人間と 化け物が 共存している この世界で……

続きを読む

神が忘れたプログラム

プレイ日 2019.09.23
システム:GURPSドラゴンマーク
シナリオタイトル:『神が忘れたプログラム』

GMマイア 6.5+1CP 3CG
PC1 ティム/ピカチュウ(えあろ) 6.5CP 3CG
PC2 ベズゥータ(トマト) 7CP 3CG

経過期間:1週間(累計:7週間)



あの事件から半年…。

とある墓地に、友人と宿敵に見守られながら埋葬される男がいた。

倒せなかった宿敵と早すぎる死…。男の人生は自らの生命を焼き尽くすほどに憎悪と憤怒に満ちていた。

だが男の死に顔は、その苛烈な生き様に見合わぬほど穏やかな表情であったという…。
続きを読む